ULTRA

Fat Tails Breeding Blog
試み。
前期、初めての試みで、

WhiteOut X Wild

で交配させてみた結果、意外にホワイトベースで茶色が余り入らず色合いも全体に薄く、思った程汚くなりませんでした。

ただ、Wildの血が入っている影響なのかメッチャ餌喰いが良くモノ動じない。
個体差もあるとは思いますが。。。


折角のWildとのクロスなんで、これからの展開を、ずっと考えているんですけどね悩みますね。

今は来期の事より、チビ達の健康が大事!(笑)

メンテナンスに集中しないと‼︎



ヘタレ。
こんなTangerineがのったWildを見た事が無い!
この子とウチの選別交配して作出したTangerineとの組み合わせで、メッチャ凄いTangerine作出したい!

と思い速攻購入したのですが、いざ交配しようとしたたら、このオス、もうヘタレ過ぎて交配出来ない。(笑)
メスは尻尾上げてカモーンしているのに……。


対策考えないとだな。。。



同士。
今期はWild同士のペアリングは数少なかったですが、ハッチ率も抜群に良くホッとしています。

人気のWhiteOut絡みで殖やされている方はかなりいらっしゃる様ですがWild同士から殖やされている方はかなり少なく限定されています。。。

Wild同士ですとDark系、Granite系などCB同士では難しい生体もハッチしてくる事が多々あるのでお勧めします!
また、いつも言っていますがWildから学ぶ事が沢山ありますので良い経験になると思いますよ。



ピンセット。
この子は、入荷した時から拒食していて手をやいていました。
また、食べても直ぐに吐き戻して……。

ジックリ飼育に向き合っていると徐々に慣れてきてピンセットで食べる様に!
今では逆にピンセットからじゃないと食べないまでに。。。

自然界に再び放り出されたら、この子はきっと生きていけないんだろうなぁ。(笑)



少しくらい。
少しくらい卵の管理が不十分でも全然大丈夫‼︎
周りにカビが少しくらい発生していも卵がカビる事がない。
勿論、個体差があるとは思いますけどね。

自然界でずっと30°C前後なんてあり得ないし、湿度も一定な訳が無い。
そんな中でハッチしてくるんだからWildの生命力を感じる。

CB同士の卵ではそうはいかないだろうからね。



Designed by aykm.