ULTRA

Fat Tails Breeding Blog
予想外。
ここに来て急に朝晩はかなり寒くなってきましたね。。。

神戸の方も寒いんですかね⁈
まさか、ここまで寒くなるとは予想外だった……。(汗)

ある程度の寒さ対策はしたつもりでも、開催されるまでは気が抜けませんね?!
生体の方はイイ感じに仕上がっていますので安心しているんですけどね。

後悔しない様に準備は開催されるまで出来る限りの事をしたいですね!!



累代交配。
Stingerの遺伝性って、今イチはっきりしないですが、ポリジェネティックみたいに累代交配してしないと、発生がかなり低めなんですよね⁉︎

運が悪いという噂もありますが。。。(汗)

大好きなモルフなんで、もっとハッチ率を上げて、皆さんにもっと知ってもらいたいですね!



成長。
WhiteOutPatternlessの色上がりがここに来てメッチャ上がってきている‼︎
それだけ、成長している証拠だが、発色はこれからが本番!

楽しみー♪ ♪ ♪

でも、今年は、何故かストライプのタイプが9割もハッチしてきました。

「何故……。⁇」

疑問は残る所ですが、今期ハッチした子達は早くも発色し始めている子もいます!



来週末に開催される「ぶりくら市」に、お持ちする事が出来ると思いますので、探されていた方は是非、見にいらして下さいね。。。



大変。
「ぶりくら市」まで、あと1週間ですね。
今年は、「とんぶり市」と開催が逆なので意外に大変かも⁉︎

「何が?」

やっぱり、輸送が長時間になりますから、生体の管理、温度管理が難しいですね。

でも、ある程度は対策を練っているので大丈夫と思いますが、始まるまでは気が抜けません‼︎

皆さんをガッカリさせたくありませんからね。。。
また、ニシを初めてお迎えされる方でも抵抗無く飼育できる様に生体の管理は万全にしていたいですからね。


出品リストの方も2〜3日位で作成出来ると思いますのでお楽しみに♪ ♪ ♪



来期。
「ごめんなさい。」

調整はしていたんですが、やっぱりAlbinoは「ぶりくら市」に出品する事が出来ない状況です。

楽しみになさっていた方、本当にすみません。

親種の入れ替えの為、どうしてもある一定量、キープ個体を抱えておかないと、来期が厳しくなりますので……。


親種達は画像の様に仕上がっていますので、来期まで待って下さい。。。(汗)



イイ。
今更だけど、このグチャグチャ感がイイ♪ ♪ ♪(笑)

来期は、Aberrantに焦点絞って突き詰めようかな⁈
今まで、突っ込んでやった事が無いからイイ機会かもしれない!
丁度、親達もイイ感じに育っているんで‼︎

あとは……。
もうチョット慎重にね。。。(汗)



コツコツ。
もう、「ぶりくら市」まで2週間も無いんですね⁈(汗)

でも、今回は毎日コツコツ支度してますから慌てず準備できそうです!

生体の方もいい感じに仕上がっていますので、安心してもらえると思います。


しかーし、メンテナンスは休み無しに続きます。。。(笑)



無限大。
WhiteOutやOreoのクオリティの差は何も知らないヒトが見ても一目瞭然‼︎

でも、Patternlessはクオリティに差は余り無いと感じている方が多くいらっしゃる様ですが、いえいえそんな事はありません。

発色も余り差が無いと思っているかもしれませんが、選別交配すると画像の様な子もハッチしてきます‼︎
流石にここまでのクオリティを見たのは最初かも⁈しれません。(笑)

当然、まだまだ幼体ですから期間限定色かもしれませんが、突き詰めれば可能性は無限大♪ ♪ ♪


この先、この子はどうなっちゃうのかな?
ワクワクするー。



ガマン。
本格的に冬になる前のこの時期、皆さん、エラく沢山イエコを食べるので、お財布が悲鳴をあげています!

さっき与えたばかりなのに、餌くれモードで自分の指を狙っています!

繁殖する前ですので、ここで手抜きは出来ないですからねー。

我慢、ガマン。。。(笑)



オススメ。
いつも言っていますが、Wildは面白い。

飼育面にしても、繁殖面にしても。。。(笑)

だいたい入荷直後のWildは衰弱しきている生体が多く、どうやって立ち上げていくか?
が、キーポイントになる!
他にも、いろいろと要因がありますが、普通は、そういった生体は手を出さない!


正解です‼︎(笑)


ですが、いざ飼育している生体が拒食になった時など困った時に、Wildを飼育しているか、していないかでは大きな違い。

普段、CB個体を飼育していて、Wildを飼育してみると、
「ん⁈」
の連続です! w


また、繁殖でも、CB個体とクロスさせる事で、予想だにしなかった柄、模様…が出現したりで嬉しい誤算もあります!


なかなか手を出し辛いかもしれませんが、是非オススメします。



Designed by aykm.